ドラマ PR

御手洗家、炎上する最終回結末ネタバレ!真犯人は誰?

御手洗家炎上する最終回結末ネタバレ!真犯人は誰?
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
Pocket

御手洗家、炎上するNetflix実写ドラマの最終回結末ネタバレとして、真犯人は誰か紹介します。

「御手洗家、炎上する」はNetflixで配信中のオリジナルドラマ。

御手洗家炎上するの原作は、藤沢もやし氏の大人気漫画。

13年前の火事により両親が離婚した主人公・村田杏子が、実父が後妻・御手洗真紀子ら家族と住む豪邸に、家政婦として潜入し、火事の真相を暴こうとするストーリー。

復讐劇なのですが、恋愛などの要素もあって、魅力的な人間ドラマとなっています。

火事の真犯人は一体誰なのか、最終回の結末が気になります。

  1. 御手洗家、炎上する最終回結末で真犯人は誰?
  2. 御手洗家、炎上する最終回結末ネタバレは?

について原作漫画を元に、真犯人は誰か、最終回結末をネタバレ解説していきます。

 

御手洗家、炎上する最終回結末で真犯人は誰?

Netflixドラマ「御手洗家、炎上する」の最終回結末で真犯人は誰だったか紹介します。

13年前の御手洗家が全焼した大火事。

その火事の真犯人は御手洗家の次男・真二でした。

真二によると、13年前の火事の日、ガスコンロの操作を誤って火事を発生させてしまったのです。

当時小学生だった真二は、自分がやったと言えないばかりに、皐月を放火犯に仕立て上げてしまいました。

杏子は、真二を母・皐月の病室に連れて行き、真二は自分が放火の真犯人だと打ち明けます。

真二が警察に連行され、杏子の長い復讐劇が終わりを告げるのです。

 

御手洗家、炎上する最終回結末ネタバレは?

Netflixドラマ「御手洗家、炎上する」の最終回結末をネタバレしていきます。

 

御手洗家炎上する最終回結末ネタバレ①放火の真犯人は真紀子?

ある日、体調が悪く寝込んでいた杏子の妹・柚子は、記憶がおぼろげだった13年前の一部始終を思い出す。

それは、火事の日に、御手洗真紀子が母の部屋にいたことだった。

真紀子は、当時の御手洗家を訪れるたびに、杏子と柚子の母・皐⽉のアクセサリーなどを物色し、自宅に持ち帰っていたのですが、それらを返すために忍び込んでいました。

そのイヤリングなどを家政婦として潜入した杏子が、現在の真紀子の部屋で発見。

柚子は、家事の日に真紀子が母の部屋にいた記憶が蘇ったことで、放火の真犯人は真希子だと確信を持つ…

そんな時、御手洗真紀子が柚子を訪ねてきて、御手洗家に連れて行く。

そこで、柚子は火事の真犯人が真紀子だと声を上げるが…

当時子どもだった柚子の記憶では証拠不十分だと、逆に真希子が柚子を追い込む。

そこに、家政婦の杏子が入ってきて、自分の正体を明かして真紀子を追い詰めていくのだった。

そこで当時の御手洗家に真紀子が関わっていたことを知る夫・御手洗治。

後日、治が放火の真犯人は真希子だと警察に訴えたことで、真紀子は、任意の事情聴取のため警察に出頭することに。

しかし、御手洗真紀子は証拠不十分で逮捕には至りませんでした。

その後、警察は放火の真犯人は他の人物ということで捜査を進めていきます。

 

御手洗家炎上する最終回結末ネタバレ②放火の真犯人は希一?

警察は、13年前の放火事件の犯人は、御手洗真紀子の長男・希一ではないかと疑いの目を向けていた。

この火事と同時期に、不良グループが裕福な家に侵入し金品を盗む事件が頻発していて、当時の御手洗家からも窃盗の被害届が出されていた。

警察はその不良グループの犯行だと疑っていて、そのメンバーには、当時中学3年生だった希一も属していたのだ。

警察の捜査が進む中、希一は杏子とのデートで、ひと気のない森を歩いていた。

暗い森を抜けた場所で、満点の星空の下で、希一は杏子に好きな気持ちと謝罪をした。

杏子はなぜ「ごめん」と言われたのか分からなかった。

翌朝、希一は交番を訪れ、「13年前の放火事件の真犯人は自分であること」を自主するのだった。

 

御手洗家炎上する最終回結末ネタバレ③放火の真犯人は真二?

ネトフリドラマ「御手洗家、炎上する」の最終回結末で、放火の真犯人は真二でした。

詳しくはこちらに記載しているのでご覧ください。

 

御手洗家炎上する最終回結末ネタバレ④結末のその後は?

「御手洗家、炎上する」のメインストーリーのその後として、13年前の火事の真犯人が分かった事件直後や1年後が描かれています。

そこで、登場人物別に事件のその後を紹介します。

 

村田杏子のその後

1年後は、親友クレアと共にオリジナルブランドを立ち上げます。

事件後に逆プロポーズした希一と仲良く暮らし、充実した日々を送っています。

 

御手洗真希子のその後

13年前の火事の真犯人が分かった後、真紀子は御手洗治とは離婚することになります。

1年後は、YouTuberとして活動しています。

 

御手洗希一のその後

御手洗一希は、事件後、バイトをしながらネットカフェで暮らしていました。

しかし、母・真希子が捜索願を出したことによりその生活が終わります。

両親の離婚で、母からは一緒に来てほしいと言われますが…

杏子から熱烈に口説かれ、希一は杏子と一緒になることを決めるのでした。

 

御手洗真二のその後

御手洗真二は、自分が13年前の火事の真犯人だと認めますが、当時12歳の未成年未成年だったため、刑事罪には問われませんでした。

しかし、世間の目は厳しくなります。

過去に罪を犯しながらも、のうのうと生きる姿に周囲から反感を買い、社会的に孤立するようになるのです。

1年後、真治は、研修医になっています。

 

村田柚子のその後

主人公・杏の妹である村田柚子は、人材派遣の仕事に就職して働いています。

 

まとめ

この記事は、「御手洗家、炎上する最終回結末ネタバレ!真犯人は誰?」と題してまとめました。

Netflixドラマ「御手洗家、炎上する」

御手洗家炎上するは、藤沢もやし氏の大人気漫画が原作。

13年前の火事により両親が離婚した主人公・村田杏子が、実父が後妻・御手洗真紀子ら家族と住む豪邸に、家政婦として潜入し、火事の真犯人を暴こうとする復讐劇。

放火の真犯人は一体誰なのか…?

当初は、御手洗真紀子を疑って、御手洗家に家政婦として潜入した杏子。

結局、真犯人は誰なのか、ネタバレすると…

  1. 御手洗家炎上する真犯人は誰:次男・御手洗真二

最終回結末まで真犯人は真紀子か、それとも、長男の御手洗希一か…?と思われていましたが…

真犯人は、次男の御手洗真二(みたらいしんじ)でした!!

物語終盤では、真犯人と思われる人物がコロコロ変わりますが、結末では真二。

真犯人が誰なのか、途中でわからなくなるスリルがこのドラマの魅力ですね。

最後まで見逃せない展開がありそうです。